セラミック治療とは? | What is ceramic treatment

セラミック治療とは、自然で美しく、身体への馴染みの良いセラミック素材を使って患者様の様々なお悩みを解決するための治療法です。

当院のセラミック治療では主に次のお悩みに対応しています。


歯の欠けた部分、虫歯治療で削った部分の修復にセラミックを使用します。
過去に金属を使用した補綴治療を行った患者様の補綴物をセラミック素材へと交換します。
過去に銀歯で治療された患者様の銀歯をセラミック素材へと交換します。
歯並びを改善したい歯を削ってセラミックの被せ物を装着し、希望の歯並びへ矯正します。
歯の表面を一層削り、つけ爪のように白いセラミックを貼り付けて歯の色を調整します。

こちらでは当院で行うセラミック治療についてご説明します。ぜひ参考にしてください。

当院のセラミック治療の特徴 | Characteristic

我々が目指すものは、ずばり「天然歯」です。天然歯という意味には、色、形、歯並び、バランス…これらが全て含まれています。

上手い技工士さんに頼めば、天然歯と見間違う程の被せ物は作ってもらえます。しかしながら一本だけの治療であっても、ましてや複数歯に及治療、また前歯というカテゴリーで美しくなりたい方は特に歯肉とのバランス、お口の中全体でのバランスを考えなければ、真の意味での美しさは手に入りません。

削って型を採って被せる。この工程は本当に複雑なのです!

歯周治療、矯正治療、補綴治療、インプラント治療に精通しているだけでなく、お口の中全体を診る総合診断能力が要求されます。

設計図が無ければ家は建ちませんし、航海図が無ければ船は安全に目的地にはたどり着けないのと同じように、医療では診断、治療計画が無ければゴールにはたどり着けないのです。


・被せ物と歯との接合部をどこに設定するのか?

・そのために歯肉にはどのような処置をするのか?

・どのような器具で削るのか?

・隣の歯との位置関係は適正なのか?

・笑った時の唇との位置関係はどうなのか?

・顔とのバランスはどうなのか?

・そのために仮歯(プロビジョナルレストレーション)をどのように作り、修正するのか?

・最終的な型はどのような方法で、どんな材料を使って採得するのか?


我々の世界では、ゴールデンプロポーション、スマイルデザインと言うコンセプトがあります。

これを守らなければ、真の意味で美しい前歯は作れません。

このように、まさいデンタルクリニックでは、細かいステップ、方法にこだわり、患者様に本当の笑顔になって頂けるように国内外で研鑽を重ね治療にあたっています。

当院のセラミック治療の種類 | Ceramic type

詰め物治療(セラミックインレー)

セラミックを詰め物として使用して、歯の欠けた部分や虫歯治療で削った部分を修復します。
仕上がりの美しさの評価が高く、世界で最も使用されている修復材です。透明感と自然感に優れ、色は周囲の歯の色調に合わせることが可能です。

被せ物治療(セラミッククラウン)

セラミックを歯にかぶせることで透明感のある自然な歯を再現し、機能的かつ審美的に歯の機能を回復します。
金属を使わないため金属アレルギーの心配がなく、歯茎の黒ずみも起こりません。また、長期間使用したとしても変色や劣化が少ないため、キレイな状態を長く維持することができます。虫歯になりにくいこともメリットの一つです。

ノンメタル治療(銀歯交換)

ノンメタル治療では過去に銀歯で治療された患者様の銀歯をセラミックと交換していきます。
これによって金属アレルギーの症状を予防・改善するだけでなく、周りの歯の色調、形態にもあっていて自然で美しい仕上がりとなります。歯の色が気になる方、金属アレルギーが心配な方はお気軽にご相談ください。

セラミック矯正

セラミック矯正では歯並びを改善するため、目的の歯を削り、その上にセラミックを被せることで歯並びを整えます。
歯列を動かす治療ではないため厳密には矯正ではありませんが、短期に歯並びを改善することができます。

ラミネートベニア

ラミネートベニアでは歯の表面を一層削り、つけ爪のように白いセラミックを貼り付けます。
歯の色が気になる方に、歯を極力削らずに治療する方法です。