お子様の歯を守るために私たちができること | Protect your teeth

お子様が成長するにつれて、乳歯はいずれ永久歯へと生え替わっていきます。

といえ、虫歯になっても生え替わるから大丈夫、というわけでは決してありません。乳歯の虫歯は生え変わった後の永久歯に大きく影響を与えるのです。

当院ではお子様のお口のメンテナンスを中心とした診療システムを活用し、一人ひとりに合った予防プログラムの提供に力を入れています。

お子様の生涯にわたる健康な歯を守ってくため、しっかりと定期管理を行っていくことが大切です。

乳菌の特徴 〜 お子様のデリケートな歯 〜

乳歯 永久歯と比べて・・・

1. 歯 エナメル質や象牙質が薄いため、虫歯になりやすい特徴があります。

2. 虫歯 進行も早くなります。

3. 永久歯よりも歯の中にある歯随(歯の神経)の占める割合が大きいため、虫歯になると歯随を傷めてしまう可能性が高くなります。

このように、乳歯はとてもデリケートな性質を持っています。
そのためお子様の歯の予防管理にはご家庭でのこまめなケアと歯科医院での定期的なメンテナンスが必要となります。


お子様の歯が永久歯へ生え変わるまでの流れ

ご存知でしょうか?実は、お子様の歯はお母さんのお腹の中にいる時に、すでに形成され始めるのです。

まず、妊娠2~3ヶ月ですべての乳歯の芽(歯胚)が揃います。その後、生後6ヶ月頃に乳歯が生え始め、3歳になる頃にはほぼ全ての乳歯(全部で 20 本)が生え揃います。

※ただし成長には個人差があるため、この時期にすべての乳歯が生え揃っていなくても心配する必要はありません。

そこからさらに4~6ヶ月でお子様の歯は石灰化をはじめ、顎の骨も変化して、乳歯の永久歯へと生え替わっていくのです。

6歳頃になると、アゴの一番奥から「6歳臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。6歳臼歯の永久歯の中で最も大きく、他の歯と比べて噛む力が強い特徴があります。

しかし、乳歯の奥に生えてくることからブラッシングが不十分となる傾向があり、また 他の永久歯のように歯が抜けたところから新たに生えてくる歯ではないため親御さんに気づかれないことが多く、結果として最も虫歯になりやすい歯とも言われています。

6歳臼歯を虫歯にしないためにも、ご自宅での予防管理と歯科医院でのメンテナンスを積極的に行っていきましょう。


Column ~お母さん、お父さんに知ってほしいこと~

実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌がいません。しかし、日常生活をもっとも長く過ごすお母さんやお父さんのお口から徐々に虫歯菌が赤ちゃんへと移っていくと言われています。

特に注意したいのが、口移しで食べ物を与えたり、スプーンやお箸を共有したりする行為です。こうした些細な行動から赤ちゃんに虫歯菌が感染してしまいます。

でも、生まれてから大人になるまで虫歯菌を完全に移さないことは不可能といえます。

そこで大切となるのが、お母さんやお父さんが予防をしっかりと行い赤ちゃんへ虫歯菌を移す量を減らすことなのです。「子どもが予防歯科に通っているから大丈夫」と思わず、お母さんやお父さんもぜひお口の健康管理にご来院ください。

当院で行うお子様の虫歯予防 | Caries prevention

フッ素塗布

プラークをきれいに取り除いてから、歯面に直接フッ化物を塗布します。 フッ素は虫歯菌が作り出す酸の量を弱め、歯の再石灰化を促進する効果があります。3~6ヶ月間隔で定期的に塗布します。

シーラント

生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいのですが、お子様の奥歯の溝に磨き残しがよく見られます。 そのような場合に、あらかじめ奥歯の溝をシーラント(合成樹脂)で埋めておくと、 細菌や食べかすがつきにくく予防につながります。

だ液検査

お口の中の虫歯菌の量を調べます。虫歯菌の量は人によって違うので、検査をすることによってどのような虫歯予防対策を行っていけばよいかがわかります。