院内ツアー

ブログ
24時間かんたん予約
  • むし歯治療
  • むし歯・歯周病・予防
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 歯周病治療
  • ホワイトニング
  • インプラント
無料相談窓口
虎ノ門歯周病インプラントセンター
採用情報
患者様の声
お支払い方法
医療費控除について
twitter/歯は宝石よりも美しい
デンタルコンセプト21
SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)

まさいデンタルクリニック・院内ツアー

歯医者は痛くなったら行くところと思われていませんか?欧米では定期的に歯医者さんに通院し、ケアすることで虫歯や歯周病のリスクを減らすというのが一般的です。
私共の医院では、あらゆる意味での予防が大切だと考えています。あらゆる意味の予防とは、お口のクリーニング、虫歯の処置を徹底的に行い、そしてそれを維持できる歯肉形態とバランスのとれた最良の咬み合わせに改善し、その上で細菌を科学的にコントロールしていくことだと考えます。

治療はできるだけ歯を抜かない治療、削らない治療[最小限の侵襲による治療(Minimal Intervention)]を基本にして、患者さんと十分に話し合い、一人一人に合った治療計画を立案し治療にあたっています。無くなった組織(歯、また歯周病で失われた骨等)をインプラントや自家歯牙移植、またGTR法によって再生する最先端の治療も導入し、できるだけ抜かなくてすむ方法、削らなくてすむ方法の治療範囲が拡大できるように努力しています。

治療後はメインテナンスに力を入れて、専門的なお口のクリーニングを定期的に行うリコールシステム、またさらに一歩進んでお口の中の虫歯菌や歯周病の原因菌を機械的、化学的にコントロールするプログラムを行い、治療後の状態を長期に維持していただけるよう努力しています。

受付

受付明るく清潔感漂うシックな雰囲気の受付。診療に関するご相談・ご質問がありましたらお気軽に受付までお声をおかけください。

待合室

待合室できるだけ患者様を待たせないようにして努力しております。短時間の待ち時間でも、最新歯科情報や雑誌などご用意いしております。

診察室通路

通路こちらの通路を通って診療室に入っていただきます。

診察室

診療室各診療室は完全に仕切られており、周りを気にせずリラックスして治療を受けていただけます。個室感のある診療室です。

個室診察室

個室診療室完全個室診療室もございます。

レントゲン室

レントゲン室レントゲン室です。最新設備CT完備です。

設備のご案内(安心・安全・最新の治療を目指しています)

当院は患者さんに安心・安全な治療を受けていただくために完全滅菌消毒を行っています。患者さんごとにゴム手袋の使い捨てを徹底。最新の機器を使用して歯を削る器具やミラー、ピンセットなどはすべて消毒、滅菌を行い、1人ごとに滅菌器具をパック、使用直前に開封することを徹底しています。現在問題になっているウイルス性肝炎などの院内感染を防止し、安心して治療を受けられることが出来る滅菌システムです。

歯科用CT

インプラント治療の経験者が増加してきたとともに、インプラント治療に関連する失敗などのトラブルが増加してきたことも事実です。歯科用CTは、歯科では、おもにインプラント治療前の検査において使われます。
インプラント治療における術前のCT検査は世界的な常識となりつつあります。

当院では、安全にインプラント治療をおこなうためには、歯科用CTを設置した歯科医院にてインプラント治療をおこない、施術後すぐに検査をおこなうことが安全なインプラント治療の第一歩であると考えております。
当院のCTは、 KaVo 3D eXam を使用しております。世界でもっともユーザーが多く、世界一被曝線量が少なく、撮影時間がとても短いハイパフォーマンスの機械です。 院内における高画質な画像検査を可能にする3次元イメージングシステムです。すばやく、容易にイメージを捉えることができます。


歯科用CTを導入しました

高圧蒸気滅菌器 クラスBオートクレーブ「リサ」

リサ

クラスBオートクレーブは、小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準(E13060)で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」とされています。
当クリニックでは世界で最も信頼性のある規格、プレバキューム方式のヨーロッパクラスBオートクレーブLISA(W&H社、イタリア)を導入しています。

 

高圧蒸気滅菌器は、クラスN・クラスS・クラスBの3つのクラスに分類されます。
クラスN
裸の固形物滅菌のみ、滅菌後すぐに使用の事(輸送、保管不可)
クラスS
メーカーによって特定された製品の滅菌のみ。
クラスB (リサ)
医科の水準の滅菌。固形、多孔性、中空、非包装、包装、一重、二重包装。

 

日本の殆どの歯科医院で行われている滅菌はクラスSです。
クラスSは残留空気があるので、滅菌できている所とできてない所が出ます。特にこのような滅菌パックに入れての滅菌は、クラスSでは滅菌効力は薄いと言わざるを得ないのです。これに対し、クラスBは滅菌前のパルス真空(プリバキューム)は真空と蒸気の注入を交互に繰り返すことにより、チューブ状の内部や多孔体内部の残留空気を抜くので、蒸気が細部の奥まで行き渡り、確実に滅菌することが出来るのです。

歯科用器具洗浄/除菌システム「ミーレ ジェットウォッシャー」

ミーレ ジェットウォッシャー

患者様に接する我々医療従事者が感染に対して安全な環境にいなければ、患者様を感染から守り、安全に治療する事など出来ません。

ミーレ ジェットウォッシャーは、従来の手洗いから誰にでもより安全、確実に器具に付着した汚れを滅菌前に取り除くことができます。感染のリスクを排除し、次の工程の滅菌へと十分な効果を発揮するよう移行することが出来ます。
詳しくは動画をご覧下さい。 

 

ミーレ ジェットウォッシャーの動画へ

手術用空気清浄ユニット「クリーンエリアプラス」

クリーンエリアプラス

人一倍清潔に気を使う人でも座っているだけで1分間に0.3ミクロン以下の微粒子を10万個も発生しているといわれ、立ち上がるだけで250万個、歩こうものなら500万個以上の微粒子を周囲に撒き散らしていると言われています。


当院では通常の歯科診療スペースとは別に、完全に独立した清潔なオペ室を完備しています。


オペ室内の気圧はクリーンエリアプラスにより陽圧に保たれ、ドアが開いても内部の空気が外部へ流れるような仕組みになっています。 また『清浄度クラス10,000(ISOクラス7)アメリカ航空宇宙局(NASA)の規格で、約30cm四方の立体中に、0.5ミクロン以上の浮遊粉塵が10,000個以下』という、一般的手術室としては極めて清浄なレベルをスイッチひとつで瞬間的に作り出し、0.3ミクロン以上の粉塵を99.9997%浄化したエアカーテン状態になり、雑菌が横から入ってこないようになります。又、毎分ドラム缶約70本分の浄化した空気を循環させることにより、オペ室の空気を10分間で入れ替えることが可能です。

このようにインプラント手術に限らず、歯周病の外科手術、歯の移植、親知らずの抜歯等、クリーンな状態で手術を行えばより感染のリスクも少なくなり、術後経過も安心なのは言うまでもありません。目指すのは安心安全な治療です。

 

クリーンエリアプラス

電動麻酔器(カートリーエースプロ)

痛みを軽減する為、針をさす前に表面麻酔を行い、その後麻酔注入時の痛みを軽減する為、カートリーエースプロ(電動麻酔器)を使用しております。

特長としては...
■患者さんに恐怖を与えない色とデザイン
■麻酔液の注入速度・注入圧も麻酔時の痛みの原因ですが、自動的に適正速度・適正圧で麻酔液が注入されるため、痛みが少ないのです。
■細い針ほどさす時の痛みが少ないが33ゲージと云う最も細い針が使用できる。

レーザー

当院ではレーザ(AMERICAN DENTAL TECHNOLOGIES社製 Nd:YAG(ネオジウム・ヤグ)レーザー )を使用した治療も行っております。
レーザー光には強いエネルギーがあり、1000度を超える熱が発生しますが、わずか1万分の3秒という短い単位で照射されるため、ほとんど痛みを感じません口腔内及び人体に対する安全性は十分に立証されの方や心臓病でぺ―スメーカを使用している方も安心して治療を受けて頂けます。
レーザーは、虫歯や歯周病を引き起こす細菌を殺菌する事や、外科用メスとしてその大きな効果を発揮します。通常のメスでの切開では、出血が多く縫合しなければなりませんでしたが、レーザーは切開と同時に止血、殺菌もしますので傷が早期に治り、鎮痛・消炎にも効果があります。
レーザー治療は、痛みが少なく従来の治療方法に比べ回復が早く、無麻酔もしくは麻酔の使用量が少なくて済むのが大きなメリットです。

紫外線殺菌庫

消毒・滅菌された道具や器具は紫外線で滅菌された状態の保管庫で使用直前まで保管しています。

ホルマリンガス滅菌器

当院では 衛生面を第一に考え 診療室にはホルマリンガス殺菌器「ホルホープデンタル」を導入しています。
治療器具機材すべてを滅菌処理できるようにるだけでなくウィルス(HIV・HBV等)に対する殺菌において抜群の効力を発揮します。

ぺリオテスト

インプラントの骨結合の確認、歯の動揺度の測定に使っています。

Copyright © Masai Dental Clinic All Rights Reserved. リンク集