義歯・入れ歯 | Denture & False teeth

入れ歯を検討中の患者様へ

歯を失ったときの選択肢には入れ歯治療をはじめ、ブリッジやインプラントなどがあります。

ご自分に合った治療を受けるためにも、それぞれの治療法の特徴をしっかりと理解していきましょう。

また、医師としっかり話したうえで判断されたい方はお気軽にご来院ください。こちらでは当院で扱う義歯(入れ歯)についてご説明いたします。

当院で扱う入れ歯治療の特徴について | Characteristic

保険適用の部分入れ歯と総入れ歯

こちらはプラスチックと金属のバネで作成する一般的な入れ歯です。


部分入れ歯の特徴

1.保険を適用しての治療が可能です。 (保険適用外の部分入れ歯もあります)
2.ブリッジのように歯を削る必要がありません。
3.毎日ケアする必要があります。
4.金属のバネで固定するため、異物感があり、外見上目立ちます。
5.土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性があります。

総入れ歯の特徴

1.保険を適応しての治療が可能です。 (保険適用外の総入れ歯もあります。)
2.毎日ケアする必要があります。
3.熱が伝わりにくく異物感を感じる場合があります。
4.金属のバネで固定するため、異物感があり、外見上目立ちます。
5.土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性があります。

保険適用外の入れ歯の種類


金属床義歯の特徴

1.金属床義歯は薄くすることができるため、装着時の異物感が緩和されます。
2.熱を伝えやすいため、食事の温かさや冷たさを感じることができます。
3.生体親和性に優れたチタンを使用した義歯は非常に軽く、金属アレルギーの心配もありません。

ノンクラスプデンチャーの特徴

ノンクラスプデンチャーは金属のバネを使用しない部分入れ歯です。審美性・機能性の両面で通常の部分入れ歯よりも優れています。

1.弾力性の高い材質により薄い仕上がり、お口の中が快適です。
2.装着したときは入れ歯の色調が同化しているため、一目では区別がつきません。
3.金属のバネがないので金属アレルギーの心配もありません。

コンフォート

コンフォートとは、入れ歯の肌に触れる部分を生体用シリコーンというクッション材で覆う特殊加工技術です。

【特徴】  コンフォートは新しく入れ歯を作られる入れ歯だけでなく、現在利用されている入れ歯にも加工することができます。生体用シリコーンによって、入れ歯の密閉性とクッション性を大幅に改善することができ、「痛い」「噛めない」「はずれやすい」といった従来の入れ歯の欠点を補うことが可能です。


ブリッジについて

ブリッジは両隣の歯を削り、人工の歯をかぶせる治療法です。

1. 保険の適用が可能です。(ただし、入れ歯と比べて費用がかかります。)
2. 金属のバネがないため、入れ歯よりも装着時の異物感が少なく、見た目も自然です。
3. 入れ歯よりもしっかりと噛むことができます。
4. 両隣の健康な歯を削らなければならず、入れ歯同様土台の歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮めてしまいます。

入れ歯治療を受けた後の注意点 | Important point

入れ歯は費用の安いもの、高いものに関わらず、治療後はご自分の身体の一部としてしっかり使えるように“リハビリ”を行う必要があります。

そのため入れ歯を作製したら、まずは積極的に入れ歯を使用して身体に慣れさせることから始めましょう。

入れ歯は慣れなければいつまでも口に合わず、食事をうまく取ることもできません。

自分にぴったりと合う入れ歯にしていくためにも、入れ歯を作った後のリハビリを継続的に行っていきましょう。

ご不明点があれば、お気軽に当院へご相談ください。