予防歯科の考え方 | Concept of preventive dentistry

悪いところはないと思っていても、いったんトラブルが起きると生活に支障をきたすこともある私たちの身体。歯は、その最もたるものではないでしょうか。

歯科医療は、近年その重要性が指摘されている「予防医療」がもっとも進んでいる分野。今までの歯科治療は、 歯や歯茎が悪くなってから治療を行ってきました。しかし、悪くなるたびに治療していたのでは、本当の治癒は期待できません。

虫歯も歯周病も細菌が感染して起こる病気です。そのメカニズムもほぼわかっているため、虫歯も歯周病も現在では予防できる病気になってきています。

ムシ歯予防対策にはフッ素の力が一番効果的だと考えられています。歯質を強化して虫歯になりにくくする、酸に負けない強い歯を作ることができます。

プロフェッショナルケアとセルフケア | Professional care and self care

プロフェッショナルケアとは歯科医院で行う予防処置のことであり、当院ではPMTC(プロによるお口のクリーニング)を中心に、歯磨きだけでは取り除くことのできない歯石やバイオフィルムを取り払い、清潔な口内環境を作るお手伝いをしています。

一方、セルフケアはご自宅で毎日行う歯磨きや食生活によって予防管理を行うこと。

正しいブラッシング法や適切な食生活の習慣を身につけることで良好な口内環境を維持します。

まさいデンタルクリニックでは、歯みがきの状態・口の中の状態により、セルフケア(毎日の歯磨きなど)プロフェショナルケア(クリニックで行う予防)を同時に行い、患者様といっしょに予防に取り組んでいます。


セルフケア:正しいブラッシング法について

虫歯や歯周病を予防するためにもっとも大切なことはプラークコントロールです。プラーク(歯垢)とは細菌の塊を意味するため、これをブラッシングによってコントロールする取り組みを表しているんですね。

ブラッシングは毎日継続することが大切です。すぐに効果が出るわけではありませんが、長い目でコツコツと行うことで、必ず歯を長持ちさせることになります。

医院にて歯磨きのアドバイスを受け、正しいブラッシングを身に付けてください。


1  歯ブラシの毛先を磨くポイントにしっかりとあてます。
2  力を入れすぎず、軽く磨きましょう。
3  歯ブラシは細かく動かします。
4  1 ヶ所あたり 10 回~20 回程度、磨いてください。


プロフェッショナルケア:PMTC(専門家による歯のクリーニング)

歯周病や虫歯の予防はもちろん歯を白くする効果もプロの技術で口の健康を保つ環境づくり「ピー・エム・テ ィー・シー」歯のクリーニング!
歯周病や虫歯のリスクを確実に減らせます!

歯周病や虫歯を引き起こす元凶、プラーク、オーラル・バイオフィルムとも呼ばれる。

粘着性があるので、雑なブラッシングでは歯がたたない、何ともやっかいな存在です。

バイオフィルムを取り除くには毎日の丁寧かつ適切なブラッシング。

しかし、何事も完ぺきにするのはむずかしいもの。

そこで、当院ではお口の専門家による歯のクリーニングを提供することで患者様のお口の健康を守るお手伝いをしています。


歯周病における定期検査 | Periodic inspection

歯が抜けるには、様々な原因があります。

その中で最も多いのが歯周病によって歯を失うケースです。虫歯には一度もなった事が無いにもかかわらず、すべての歯を失ってしまう事も少なくありません。

そうならない為にも当院では定期検査をお勧めしています。

(症状により 1 ヶ月~半年毎に来院)

POINT: 80 歳を超えた日本人の歯の平均残存数は7〜8本!

歯は上下で28本あるため、80歳までに20本以上の歯を失っていることになります。その原因は歯周病をはじめ、虫歯、そして咬み合わせです。

一方、予防医療の進んでいる北欧諸国では、80歳でも平均20本以上の歯を健康に維持することができているといいます。

つまり、適切な予防によって歳を重ねても歯を残していくことは可能であるということが分かりますね。

本来は80歳の方で約20本前後残っていれば、歯の健康状態は良好といわれています。

一度なってしまった虫歯や歯周病をそのままにしておくわけにはいきませんが、 長期的にご自分の歯を維持するためには、なるべく歯を削らないこと、虫歯や歯周病にしないことが理想です。