GTR法(歯周組織再生誘導法)とは? | Regenerative treatment

GTR 法とは、失われた歯根部の周りを特殊な吸収性・非吸収性膜で覆うことで歯肉の進入を防ぎ、歯槽骨(歯の土台となる組織)を再生させる治療法です。

GTR 法には次の 2 種類の方法があります。


エムドゲインを使う方法

吸収性・非吸収性膜を使用する方法

エムドゲインを使う方法 | Emdogain

エムドゲイン R ゲルは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しいブタ歯胚組織使用歯周組織再生用材料です。

エムドゲイン R ゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種です。

現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので、2005 年 5 月現在、世界 39 ヵ国で使用されています。

吸収性・非吸収性膜を使用する方法 | Absorbability / Nonabsorbable

進行した歯周病になった場合、歯石や感染した歯肉を除去する事により歯周病を治します。

しかし、その結果として 歯肉が下がり歯が長くなってしまいます。

なぜそうなってしまうのか?

それは・・・・・・・・・

骨の組織の再生よりも歯肉の組織の再生のスピードの方が速いからです。

骨が再生する前に歯肉の再生が行われて歯や骨に歯肉が密着して治癒します。

吸収性・非吸収性膜を使用する方法を使う再生治療は、骨を再生したいスペースをこの膜で作り、歯肉がこの部分に再生してこないようにします。