顎関節症について | Temporomandibular disorders

顎関節症とは、顎の関節や顎を動かす咀嚼筋(そしゃくきん)に異常が起こり、「顎が痛い」「口が開きにくい」「口を開いたときに音がする」といった症状が現れる病気です。

あなたは日常生活での疲れやストレスから夜なかなか眠れなかったり、歯ぎしりを指摘されたことはないでしょうか?実は、これらはすべて顎関節症の主要な原因となるのです。

ある疫学調査の結果によると、日本人口のおよそ 70〜80%は顎に何らかの症状を抱えていると報告されています。

こうした顎の症状の大部分は特別な治療を行わなくても自然に治まるものがほとんどです。

ただし、口を開けた時に痛む、物が食べづらいなど、日常生活に支障が出るのであれば歯科医院で検査を受けることをオススメします。

こちらでは顎関節症について詳しく説明していきます。ぜひ参考にしてください。

顎関節症を引き起こす原因とは? | Cause

顎関節症の原因には、私たちが日常生活で何気なく行っている習慣が深く関係していると考えられています。

それらの習慣を私たち自身が理解し、改めていくことが顎関節症の予防・緩和に重要となるのです。

顎関節症と関連性の深い生活習慣は以下のとおりです。

顎関節症の発症に関わる生活習慣(該当する数が多い方ほど要注意です)
 日中や就寝前に気が付くと歯を食いしばっていることがある
 食事のときは、いつも左右のどちらか決まった側で噛む
 物事に対して神経質な面がある
 職場や家庭で、ストレスを感じることが多い
 夜、寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、途中で目が覚める

上記の習慣は顎関節症の原因となるだけではなく、一度起こってしまうと症状を長引かせて治りにくくする要因 にもなります。当てはまる項目の多い方は今一度生活習慣を改めてみましょう。

顎関節症の症状 | Symptom

1.顎の開閉時、また咀嚼時に痛みが生じる

顎関節症の第一症状として、顎を動かした際に痛みが生じます。この症状は「顎関節痛」(滑膜炎、関節包あるいは円板後部結合組織における炎症による痛みによるもの)と「咀嚼筋痛」(筋・筋膜疼痛で頭頚部および口腔顔面領域の持続性疼痛によるもの)の2種類に大別されます。

2.口が大きく開かない

通常、顎関節に異常がなければ自分の人差し指から薬指までの3本の指を縦にして口に入れることができます(約 40mm)。指3本が入らない場合は、顎関節、咀嚼筋に何らかの異常が生じている可能性があります。

3.開口時にガリガリ・シャリシャリと音が鳴る

何かを噛んでいる時、口を開いた時にガリガリ・シャリシャリと音が鳴ったり、カックンといった関節音が生じる場合があります。こうした関節音は痛みを伴う場合を除いて特別な治療を行う必要はありません。

顎関節症の自己診断表

顎関節症は自覚症状のまったくないという方でも、症状の種となる因子が潜伏している可能性があります。
また、顎関節症は一度発症すると治りにくく、症状が長引いてしまう傾向にあります。
以下のチェック表を用いて、今一度ご自身で当てはまる項目がないかどうかを自己診断してみましょう。
(いくつか該当する人は顎関節症の可能性ありです)

食べ物を噛んだり、長い間しゃべったりすると、あごがだるく疲れる
あごを動かすと痛みがあり、口を開閉すると、とくに痛みを感じる
耳の前やこめかみ、頬に痛みを感じる
大きなあくびや、りんごの丸かじりができない
ときどき、あごがひっかかったようになり、動かなくなることがある
人さし指、中指、くすり指の三本を縦にそろえて、口に入れることができない
口を開閉したとき、耳の前の辺りで音がする
最近、あごや頸部、頭などを打ったことがある
最近、かみ合わせが変わったと感じる
頭痛や肩こりがよくする

上記の習慣は顎関節症の原因となるだけではなく、一度起こってしまうと症状を長引かせて治りにくくする要因にもなります。当てはまる項目の多い方は今一度生活習慣を改めてみましょう。

顎関節症の治療法 | Treatment

顎関節症は咬み合わせの異常を含めた、様々な要因によって引き起こされる病気です。

そのため、原因によって適切な治療法も異なってきます。

例として、ストレスなどから来る日中の食いしばりが原因となって顎関節症を引き起こしている場合、食いしばりが症状の原因となっていることを理解していただき、それを止めるように指導します。

また、睡眠中の歯ぎしりで関節痛を引き起こしている場合は、就寝中に関節への負荷を軽減させるための歯ぎしり対策のスプリントを装着していただきます。疼痛の強い方には非ステロイド系消炎鎮痛薬を投与することもあります。

その他、筋痛に対しては負荷の軽減およびホットパック、大開口による筋ストレッチを行います。

慢性筋痛や広範囲の筋痛、痛み神経の過敏化によって引き起こされる場合には三環系抗うつ薬が効果的です。

それぞれの原因に合った治療法がありますので、顎関節症の症状や原因に身に覚えのある方は、
まず当院へご相談ください。

〒105-0001東京都港区虎ノ門 1-1-23 虎ノ門東宝ビル2階 まさいデンタルクリニック