ホワイトニングとは? | Whitening

加齢や遺伝による歯の黄ばみを、 歯を削ることなく歯を白くする方法で、歯の構㐀や歯質を変えずに安全に歯を白くします。

「歯が黄色い」「歯の色が気になる」歯の色についての悩みは多くの方が持たれています。

従来歯を白くするためには、歯を削ってセラミックなど白い歯を貼り付けたり、かぶせる方法が一般的でした。

歯のホワイトニングの一番大きいメリットは歯を全く削らないで自分の歯を自然な白さにすることができる点です。

アメリカでは既に 1000 万人以上の方がこの歯のホウイトニング治療を受けています。

日本でも今は多くの方がこの歯のホワイトニンク治療を受けるために歯科医院に来院されます。

あなたの歯を白く耀かせることによって、今よりももっとステキな笑顔を手に入れてみませんか?


当院で行うホワイトニング治療法 | Whitening treatment

1.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは当院にご来院いただき、ホワイトニングジェルを塗った患者様の歯に特殊な光を照射して複数回の施術でスピーディーに歯を白くしていくホワイトニング法です。

短期間で効果を実感することができるため、イベント前などのお急ぎの際におすすめです。




【STEP1】問診・カウンセリング

まずは患者様の歯に関するお悩みやホワイトニングにおけるご要望について当院のカウンセラーがお話をお伺い致します。

その後、オフィスホワイトニングについてご説明致します。

また治療前のお口の写真を撮影し、お口の健康状態を確認します。

【STEP2】歯の色の測定

シェードガイドという機材を使用して現在の歯の色を測ります。
この際、明るくなった時のイメージも確認していただきます。

【STEP3】お口のクリーニング

専用の機械を使って、歯に染み付いた着色や汚れを落とすための歯のクリーニングを行います。

【STEP4】唇・歯茎の保護

ホワイトニング剤の塗布準備として唇や歯茎を丁寧に保護します。

【STEP5】ホワイトニング剤の塗布・照射

歯の表面にホワイトニング剤を塗布して LED 光照射を開始します。

この工程を3回ほど繰り返します。

【STEP6】仕上げ

最後にフッ素入りのペーストで歯面を綺麗に清掃し、ホワイトニングを終了します。

【STEP7】色の確認

ホワイトニング後の歯の色調がイメージ通りの白さになっているかをご確認いただき、治療後の写真撮影を行います。

【STEP8】注意事項の確認

ホワイトニング治療後の注意事項やメンテナンスについてご説明いたします。

2.ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、患者さんご自身が自宅で行うホワイトニング法です。

オフィスホワイトニングよりも時間がかかりますが、色戻りがしにくく自然な色合いに仕上がることがポイントです。

また患者様が自分で行うホワイトニングなので、普段忙しくて通院する時間のない方にもとてもオススメです。

なお、ホームホワイトニングの効果を最大限に実感していただくためにも、必ず「正しい手順」を守って実践していきましょう。

正しい手順に関しては以下を参考にしてください。


ホームホワイトニングの正しい方法

当院で行う手順


  お口の中全体をチェックします。
  着色や歯石を取るため、お口の中をクリーニングします。
  虫歯があると痛みが出てしまうため、レントゲンで虫歯がないか確認します。
  お口の中の写真を撮り、ホワイトニング前の色を確認します。
  歯型を取りマウストレーを作成します。通常3、4日で出来上がります。
  マウストレーをお口の中にあわせて痛い所がないか確認します。
  マウストレーとホワイトニング剤をお渡しし、使い方を説明します。


ご自宅で行う手順

ホワイトニングの準備〜装着まで


  きれいに歯磨きをします。
  マウストレーの歯の唇側(ポッチのある方)にホワイトニング剤を米粒大の量流し込みます。
  マウストレーを歯に装着します。もしホワイトニング剤があふれたらティッシュで拭き取ってください。
  1日 1回、2時間を目安に装着してください。
  トレー装着中の飲食・喫煙はお控えください。
  トレー装着中は強く噛まないようにしましょう。

装着後、2時間経ったら・・・
  マウストレーを外し、お口を良くすすいでください。また、歯を磨きましょう。
  マウストレーを流水で良く洗って下さい。
  ホワイトニング剤が残るようであれば歯ブラシでやさしく洗い、水を切ってケースにしまいます。


3.デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは先ほどご紹介したオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法です。

これによって両者のメリットを掛け合わせ、より効果をご実感いただくことができます。


デュアルホワイトニングには次の3つのメリットがあります。


  オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するため、どちらか一方のホワイトニング法を実践した場合よりも短期間に効果が出てきます。
  歯の外側と内側の両方から漂白していくため、黄ばみの強い方にも効果が出やすくなります。
  通常のホワイトニングと比べ、色戻りしにくい傾向にあります。


ホワイトニングから最大の効果を得るためのコツと注意点

これはどのホワイトニング法にも言えることですが、ホワイトニング実践期間中は着色性の強い飲食物も取らないように注意しましょう。

またホワイトニングで最大の効果を実感していただくためにも、ホワイトニング直後の30分〜1時間は飲食を控えるようにすると良いでしょう。

人によって個人差がありますが、ホームホワイトニングは毎日正しい手順で継続して行った場合、およそ 2 週間で目に見える効果が表れてきます。

さらに、ここから 1~2 週間続けることで安定した結果を得ることができるでしょう。

Point:使用期間中は次の飲食物をなるべく控えましょう!

飲み物 コーヒー・紅茶・烏龍茶・抹茶・赤ワイン・ベリー系ジュース・コーラ・ココア
食べ物 カレー・ミートソース・キムチ・コチュジャン・豆板醤・チョコ・醤油・ソース・味噌・ケチャップ・からし・わさび・その他色の濃いもの・合成着色料が入ったもの
その他 たばこ・うがい薬・口紅・色付き歯磨き粉

ホワイトニングよくある質問 Q&A

Q1. どのくらい歯の色は白くなりますか?

A1. 時々自分の歯がホワイトニングを受けると真っ白いお皿のような色になると思い込んでいる方がいます。ホワイトニングで得られる歯の白さはあくまでその方の歯の色合いから徐々に白くなりますのて真っ白にはならない方も多いです。ホワイトニングの実施時聞、方法によりますが、2 週間行ってもらうと周りの方が見ても白くなったと言われると思います。
Q2. ホワイトニングって痛くないの?

A2. ホワイトニングのメリットは歯を削らない、麻酔をしない、痛くない、という点ですが実は途中で歯がしみることがあります。知覚過敏と言われて一時的なものですが、歯に深い詰め物があったり目に見えないひびがあれは高い確率で知覚過敏が起こります。しかし一過性な物で、すぐ収まりますので心配要りません。知覚過敏にはフッ素クリームが効果的ですので覚えておいてくたさい。
Q3. 市販の歯を白くする歯磨き粉は白くなるの?

A3. 以前に「芸能人は歯が命」というキャッチコピーて歯を白くするアパタイトの歯磨き粉がブームになりました。しかし効果かほとんど出ないことがわかり廃れてしまいました。今現在決定的なホワイトニング効果をもつ薬剤は「過酸化 尿素」と「過酸化水素」たけです。それ以外の薬剤は歯を白くする十分な効果はもっていません。今の日本では歯磨き粉に過酸化尿素も過酸化水素も入れることは薬事法でできません。
Q4. 誰でもどんな歯でも白くなりますか?

A4. 小さい時に飲んだ薬(テトラサイクリン系)の影響で歯が茶色く変色している方は歯の色で深刻に悩んている方が多いです。ホワイトニングを希望されて来院されますが歯のホワイトニングには適応症があって、白くできる限界もあります、あなたの歯の色はホワイトニングが本当に適しているのか十分なカウンセリングが必要です。ホワイトニングが適応でなくても他の治療法がありますのであきらめないで下さい。
Q5. 長時間するのは面倒!! 1 回で終わらないの?

A5. ホワイトニングは自宅でゆっくりと行うホームホワイトニングと診療室て急㏿に行うオフィスホワイトニングがあります。結婚式が間近で日程に余裕がないときはオフィスホワイトニングが効果を発揮します。ホワイトニングである程度の効果を出そうと思うと 1 ヶ月間くらいは必要です。
Q6. 白くなった歯は一生持つのですか?

A6. ホワイトニングはホームでもオフィスでも必ずある一定の後戻りをします。頑張ってホワイトニングを受けたあなたの歯の白さは一生はもちません。その白さをなるべく長時間キープするためにはタッチアップといって 3 ヶ月や 6 ヶ月に一度の簡単なホワイトニングの追加や短時間のオフィスホワイトニングの追加が必要です。