新型コロナウイルス感染症対策について

日本国内における新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、患者さんの安全に配慮しながら治療を継続するために、
当院では以下のコロナ対策を行っております。


1.受付にアクリル板で仕切りを設置・来院時の手指のアルコール消毒

受付にはアクリル板で仕切りを設置してあり、感染対策をさせて頂いております。
来院時には殺菌石鹸での手洗いとアルコール消毒をお願いしています。
待合室では他の患者様と一緒にならないように配慮しています。


2.検温

非接触体温計で検温させて頂いています。
発熱がある場合は治療をお断りさせて頂いております。
ご協力をお願い致します。


3.治療室

他の患者様との接触を避けるために、当院は半個室4か所、完全個室3か所を設けてあります。
治療はエアロゾルが発生しやすい場合は口腔外バキューム使用し、個室で行っています。
半個室はお隣の治療ユニットとは天井まで仕切られた壁がありますので安心です。


4.治療器具

削るタービンやハンドピース、その他全ての治療器具は、専用洗浄機(Milleジェットウォッシャー) にて汚れ、タンパク質を除去後、脳外科レベルの滅菌機(クラスB リサ)にて滅菌しております。


5.口腔外バキュームによる粉塵、エアロゾルの吸引

浮遊する粉塵やエアロゾルを吸引します。

Sterilization system滅菌システムを完備

当院は患者さんに安心・安全な治療を受けていただくために完全滅菌消毒を行っています。
患者さんごとにゴム手袋の使い捨てを徹底。
最新の機器を使用して歯を削る器具やミラー、ピンセットなどはすべて消毒、滅菌を行い、
1人ごとに滅菌器具をパック、使用直前に開封することを徹底しています。
現在問題になっているウイルス性肝炎などの院内感染を防止し、
安心して治療を受けられることが出来る滅菌システムです。


高圧蒸気滅菌器 クラス B オートクレーブ「リサ」

クラス B オートクレーブは、小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準(E13060)で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」とされています。

当クリニックでは世界で最も信頼性のある規格、プレバキューム方式のヨーロッパクラス B オートクレーブ LISA(W&H 社、イタリア)を導入しています。

高圧蒸気滅菌器は、クラス N・クラス S・クラス B の3つのクラスに分類されます。

クラス N
裸の固形物滅菌のみ、滅菌後すぐに使用の事(輸送、保管不可)

クラス S
メーカーによって特定された製品の滅菌のみ。

クラス B (リサ)
医科の水準の滅菌。固形、多孔性、中空、非包装、包装、一重、二重包装。 日本の殆どの歯科医院で行われている滅菌はクラス S です。

クラス S は残留空気があるので、滅菌できている所とできてない所が出ます。 特にこのような滅菌パックに入れての滅菌は、クラス S では滅菌効力は薄いと言わざるを得ないのです。

これに対し、クラス B は滅菌前のパルス真空(プリバキューム)は真空と蒸気の注入を交互に繰り返すことにより、チューブ状の内部や多孔体内部の残留空気を抜くので、蒸気が細部の奥まで行き渡り、確実に滅菌することが出来るのです。


歯科用器具洗浄/除菌システム「ミーレ ジェットウォッシャー」

患者様に接する我々医療従事者が感染に対して安全な環境にいなければ、患者様を感染から守り、安全に治療する事など出来ません。

ミーレ ジェットウォッシャーは、従来の手洗いから誰にでもより安全、確実に器具に付着した汚れを滅菌前に取り除くことができます。

感染のリスクを排除し、次の工程の滅菌へと十分な効果を発揮するよう移行することが出来ます。


手術用空気清浄ユニット「クリーンエリアプラス」

人一倍清潔に気を使う人でも座っているだけで 1 分間に 0.3 ミクロン以下の微粒子を 10 万個も発生しているといわれ、立ち上がるだけで 250 万個、歩こうものなら 500 万個以上の微粒子を周囲に撒き散らしていると言われています。

当院では通常の歯科診療スペースとは別に、完全に独立した清潔なオペ室を完備しています。

オペ室内の気圧はクリーンエリアプラスにより陽圧に保たれ、ドアが開いても内部の空気が外部へ流れるような仕組みになっています。

また『清浄度クラス 10,000(ISO クラス7)アメリカ航空宇宙局(NASA)の規格で、約 30cm 四方の立体中に、0.5 ミクロン以上の浮遊粉塵が 10,000 個以下』という、一般的手術室としては極めて清浄なレベルをスイッチひとつで瞬間的に作り出し、0.3ミクロン以上の粉塵を 99.9997%浄化したエアカーテン状態になり、雑菌が横から入ってこないようになります。

又、毎分ドラム缶約 70 本分の浄化した空気を循環させることにより、オペ室の空気を 10 分間で入れ替えることが可能です。

このようにインプラント手術に限らず、歯周病の外科手術、歯の移植、親知らずの抜歯等、クリーンな状態で手術を行えばより感染のリスクも少なくなり、術後経過も安心なのは言うまでもありません。目指すのは安心安全な治療です。


口腔外バキューム(フリーアーム)

口腔外バキュームにより、切削粉塵、エアロゾルを吸引し、院内を清潔に保ちます。


紫外線殺菌庫

消毒・滅菌された道具や器具は紫外線で滅菌された状態の保管庫で使用直前まで保管しています。

ホルマリンガス滅菌器当院では 衛生面を第一に考え 診療室にはホルマリンガス殺菌器「ホルホープデンタル」を導入しています。

治療器具機材すべてを滅菌処理できるようにるだけでなくウィルス(HIV・HBV等)に対する殺菌において抜群の効力を発揮します。