Principles of Halitosis Treatment口臭治療の原理

港区 虎ノ門 まさいデンタルクリニック 親知らずの抜歯について

口臭は自分だけが気づかないもの

口臭は他人に覚えられやすいという特徴がありますが、逆に自分ではわかりにくいという特徴があります。

港区 虎ノ門 まさいデンタルクリニック 親知らずの抜歯について

自分の口臭を知る方法

実は、口臭はほとんどの人に存在します。
健康な人でも、起床時、空腹時、緊張時に強くなり、飲食をすると消える「生理的口臭」があります。
一方で、飲食をしても消えず、原因を取り除かない限り消えない「病的口臭」は、約3人に1人の割合で存在すると報告されています。
自分に口臭があるかどうかは、専用の測定器で確認することができます。

港区 虎ノ門 まさいデンタルクリニック 親知らずの抜歯について

病的口臭の原因は口の中にある

一般に、病的な口臭の原因は胃腸にあると考えられていますが、これは誤解です。
胃の入り口は噴門と呼ばれる筋肉でしっかりと閉じられているため、胃から口の中に臭いが上がってくることはほとんどありません。
病的な口臭の原因の9割以上は、実は口の中にあるのです。
そして、悪臭の正体は、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの「硫黄化合物」と呼ばれる揮発性のガスです。

歯周病菌が、口臭の正体である「硫黄化合物」を作る

口臭の正体である「硫黄化合物」は、歯周病の原因となる細菌によって作られます。
つまり、病的な口臭の原因は「歯周病」であると言えるのです。
歯周病菌は、歯と歯茎の間の溝に潜んでいますが、歯周病が進行すると口の中全体に広がっていきます。

病的口臭の強さは、歯周病の進行度と相関している

舌の表面が白っぽくなっていることがあります。
これは「舌苔」と呼ばれるもので、食べ物や細菌の老廃物が付着したものです。
歯周病が進行すると、歯周病菌もこの舌苔に移動して増殖し、舌苔が悪臭を放つようになり、病的な口臭がさらに強くなります。
このように、病的口臭の強さは、歯周病の進行度と相関することが知られています。
また、口臭は歯周病の進行のサインでもあります。

病的口臭は歯周病治療で治すことができる

以上のことから、歯周病治療は病的口臭を治すのに有効であることがわかります。
病的口臭の多くは、歯と歯茎の間の溝に潜んでいる歯周病菌を専用の器具で丁寧に取り除き、歯根の表面には再び歯周病菌が繁殖しないようにすることで起こります。
それを歯周病治療で治すのです。もちろん、歯科医院で正しい歯磨きの指導を受け、自分で管理することも大切です。

これらの歯周病治療には健康保険が適用されますので、ぜひ定期的なオーラルケアを続けていただき、爽やかな息を維持していただきたいと思います。


flow口臭治療の流れ

STEP 1口腔内の詳細な検査を行う

予防管理策を立案します。

STEP 2咬合を調整することで、歯や歯周組織にかかる機械的ストレスを取り除く

口腔疾患発症の本質的な原因を取り除き、口腔疾患の発症を予防します。

STEP 3PMTC(結石除去、プラーク除去、カラー除去)を行う

歯肉縁上の口腔疾患の原因となる因子を除去し、口腔疾患の発症を予防する。

STEP 4ルートプレーニング(歯根面の平滑化)を行う

歯肉縁下の口腔疾患の発症因子である虫歯疾患の発症を予防します。

STEP 5歯の表面を磨き、フッ素を塗布する

口腔疾患の発症要因の再付着を抑え、口腔疾患の発症を予防します。

STEP 6軟部組織(歯肉、頬、口蓋、舌)の殺菌・消毒を行う

歯周病菌を殺菌・消毒し、硫黄化合物を分解・消毒して、口腔疾患の発症や口臭を予防します。


きれいな息のためのセルフケア

口臭治療の効果を維持するためには、以下のようなセルフケア(メンテナンス)をお勧めします。

コンクールジェルを使った自分でのブラッシング

口腔疾患要素である硬組織を除去し、再付着を防ぎます。

港区 虎ノ門 まさいデンタルクリニック 親知らずの抜歯について

コンクールFによるうがいのススメ

コンクールFという歯科医院御用達のデンタルリンスがあります。
グルコン酸クロルヘキシジンとグリチルリチン酸モノアンモニウムを配合し、むし歯の発生と進行を防ぎ、歯肉の炎症を防ぎ、歯槽膿漏を予防し、口臭を防ぎます。
また、香料として緑茶エキス、l-メントールを配合しています。
細菌をシャットアウトし、爽やかな後味を実現しているのが人気の理由です。
朝起きてすぐに、コンクールFを薄めてうがいをします。
年齢とともに口の中がネバネバしてくるのは当たり前ですが、このネバネバが取れるのでスッキリします。
1日5~6回、コンテストFを希釈してうがいをします。
口の中がスッキリするだけでなく、歯周病の予防にもかなり効果があります。

キシリトールガムの摂取

漿液腺からの唾液の分泌を促進し、口腔内疾患成分の付着を防ぐ。

1~3ヶ月に一度、口腔疾患予防管理治療を受ける

自身のケアでは取り除けない口腔疾患要素を除去します。


FAQよくある質問

気にせず来院してください。口腔疾患や加齢による口臭は、歯肉縁下の沈着物や粘膜間隙の滞留物、咽頭の扁桃結石などを除去することで、その日のうちに解消されます。

安心してご来院ください。

痛みはありません。

大丈夫です。むしろ、口臭を除去することで、全身の病気に良い影響を与えることができます。

ACCESS